FC2ブログ

HGUC ジムクウェル 塗装編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

忘れたころに投稿する男、SINです。
ここ最近、娘が風邪をひいててんやわんやしたり(本人は元気に暴れまわっておりましたが(^_^;))
等いろいろあり、ブログを書く気力をごっそり持ってかれてました。

そんな娘はだいぶ症状も収まってきたおかげで、さらに勢力を強めております。
毎日が暴風警報ですわ・・・(´ε`;)ウーン…



さて、今回はブログをサボっていた間に作っちゃってた第2弾
ジムクウェルの塗装編です。



HGUC ジムクウェル5

今回は部分塗装、墨入れ、デカール貼り後につや消しで仕上げました。

大まかな部分が成型色のままでも違和感なかったので、けっこうパパッと完成してしまいました。

寝かせていた期間の方が圧倒的に長いんですけどね。



HGUC ジムクウェル4

塗装した箇所は、胴体上部の小さいダクト、各関節のグレー部分、
各バーニアの内側、シールド裏といったところです。

ちなみに左肩のデカールですが、取説では番号のデカールを貼っていますが、
今回は番号を貼らずティターンズテストチームのマークを貼ってみました。



HGUC ジムクウェル6

今回の失敗というか、やっちゃったな~って思ったポイントが、バーニアの内側です。

モンザレッドを塗る前にラッカーのクールホワイトを下地として塗ってみたのですが、
モンザレッドが鮮やかになりすぎてしまいました。

そのまま塗るか、暗めに調色したほうが良かったのかもしれません。



さて次もブログをサボっている間にできちゃったシリーズとなりますが、
けっこう最近のキットの記事になると思います。

それでは~。





HGUC ヅダ 塗装編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

こんばんは、SINです。

今回はゴールデンウィーク中にちまちまと塗装を進めていたヅダです。
長期連休な上に今回はあまり外出しなかったので、エアブラシも気兼ねなく使うことができました。

HGUC ヅダ14

色は一旦取説に従って作ってみたのですが、どうも色が合わなかったので、
取説の写真とにらめっこしながら調色してます。



HGUC ヅダ15

塗装後に墨入れ、デカール貼りをした後につや消しクリアを吹いてますが、
いざクリアを吹こうとしたときにミスが発覚。

間違えてラッカー系のクリアを2瓶買ってしまってました。

塗装は作業部屋の隣が寝室という事もあり、通常はにおいの少ない水性塗料を使用してまして、
さらに水性塗料の上にラッカー系の塗料を使用すると、水性の塗膜が侵されるとネットに書いてあったので
使うのをためらったのですが、試しにラッカー系のつや消しを吹いたところ、
特に問題なく塗装することができました。

さすがににおいは強烈ですが、使わずに処分するのもMOTTAINAIので、
使い切るまではラッカー系でつや消しを行っていこうと思います。

HGUC ヅダ16

斜め後ろからの写真です。

今回もバーニアは焼鉄色を塗った後に、縁の辺りにクリアオレンジとクリアブルーを薄く吹いてます。
何気にこの焼鉄色にクリアオレンジとクリアブルーの組み合わせが、最近マイブームになりつつあります。

しかし、デカールの余白部分・・・もうちょっとギリギリに切ればよかったなぁ(^_^;)

HGUC ヅダ17

斜め後ろの別方向からです。対艦砲はミッドナイトブルー100%ですが、
上からシルバーでドライブラシかけてやれば使用感が出たのかなと今更ながら思ってしまいます。

今回塗装したヅダは、元々パーツごとに色分けがほぼされているキットなので、
全塗装するにもマスキングの手間が少なく、けっこう塗装しやすいです。

デカールも沢山付いてくるのですが、そのまま貼ると1枚1枚の余白が多いので、
絵柄ギリギリに沿ってデザインナイフなどで余白を減らしていくと見た目も良くなると思います。

ゴールデンウィーク中にまたもや積みプラが増えてしまったので、頑張って消化しつつ
塗装の方もちまちまと進めていこうと思います。

それでは~!





HG ザクⅠサンダーボルト版 素組み編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

久しぶりの更新となります。

何気にバタバタしていたのと、しばらくブログを書く気力がなかったので、
更新が滞ってました。

何とか生きています。

そんな中、ちょっとずつ作っていたザクⅠ(TB版)の素組みが終わりました。

HG ザクⅠTB1

サンダーボルト版のキット全般に言えることですが、箱絵がなかなかシブいです。
しかし、発売日に買いに行ったはずなのに、なぜやっと組み立てる気になったのやら・・・(^_^;)

ではランナー紹介からしていきます。



HG ザクⅠTB2

HG ザクⅠTB3

HG ザクⅠTB4

パーツ数が多いように見えますが、武器の種類が多いので、
ザク単体でのパーツ数はさほど多くはないです。



HG ザクⅠTB5

組み上がったのがこちらです。
全体的なフォルムはなかなかごつくてカッコいいですね。
カラーリングも機動兵器というより、建設現場の重機みたいな感じがします。

色分けに関しては、ザックリと色分けされた感じで、胸部や脚部にある小さいバーニア等
はシールで補う形となっています。
HGという事もあり、その辺は致し方ないところですね。

合わせ目も腕部と脚部、各武器にあるので、意外と合わせ目を消す箇所は多い感じがします。

あと、個人的に気になったのが



HG ザクⅠTB6

HG ザクⅠTB7

両腰にあるウエポンラッチに当たる部分なんですが、
意外と武器がぽろぽろと落ちやすく、ポーズをつけさせようと触るたびに武器が外れてしまいます。

マウント部分を接着剤などで太らせてしまえば、改善されるとは思いますが(^_^;)

ただ通常版のザクⅠとは印象がかなり違うので、こういった兵器感満載なのが好きな方で
塗装や合わせ目消しの心得がある方にはおススメなキットです。

さて、こやつは部分塗装だけで留めておくか、じっくり全塗装までやってしまうか、悩むところです。



話しは変わりますが、ちょいちょいFC2にあるアクセス解析をチェックしたりするんですが、
その中で1つ判明したことがあります。

なんと、このブログの検索ワード1位のキットがまさかのヅダでした。

・・・いや、去年の夏に素組みしてほぼ満足して放置してましたからね?

どれだけヅダ人気なんだと。

ここはやはり皆さんの期待に応えねばならない(謎)と思い、目下全塗装中です。

写真は撮ってませんが、エアブラシの使用許可が下りた時に少しずつやっていますので、
作業自体はかどってませんが、完成しましたら記事にて紹介したいと思います。

それでは!





HGUC スタークジェガン 素組み編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

娘を寝かしつけようと抱っこすると、必ず泣かれて落ち込むSINです。
完全に起きてるときは懐いてくれるんですけど、寝るときは何をやっても泣かれます。
心の傷が半端じゃないです。

さて、今回はしばらく組み立て途中だったスタークジェガンをやっと組み終えることができました。
オールジムプロジェクト(自称)も折り返し地点です。



HGUC スタークジェガン1

ていうか普通に素組みだけでどれだけ時間かけてるんだと。マジですみません。



HGUC スタークジェガン2

HGUC スタークジェガン3

毎度おなじみランナー紹介です。
どう見てもノーマルジェガンに毛が生えたくらいのパーツ数です。
どうしてこんなに時間がかかったのか・・・

僕は陰謀説を支持したいと思います。

このキットには意外にもホイルシールが付属しておらず、シールはマーキングシールのみとなっています。



HGUC スタークジェガン4

組み終えたものがこちらになります。
色分けはジェガン同様、腰のV字マークなど細かいところを除いてほぼ再現されてます。

合わせ目も本体自体にはジェガン同様の箇所、肩と両足、手持ちの武器に発生しますが、
後はモールドに合わせて合わせ目が生じる上、両足の前面は追加装甲で隠れてしまうため
ほとんど目立たないと言ってもいいと思います。
ただスタークジェガンならではの肩についたミサイル、バックパックにも合わせ目があるので、
気になる場合には合わせ目けしをすると良いと思います。

他の武器も持たせてみましたので、そちらもどうぞ。



HGUC スタークジェガン5

ビームライフルです。アニメでは使ってる記憶がないです。
もし使ってる場面があったらごめんなさい。



HGUC スタークジェガン6

ビームサーベルです。
クシャトリアとの戦いで使用していましたね。
結局負けてしまいましたが、あの戦闘シーンはすごく印象に残ってます。



HGUC スタークジェガン7

最後にジェガン、ジェガンエコーズ仕様と並べて。

やっと一般販売されているジェガンを組み終えました。
まだ組み立ててないジム系がたくさん残ってますが、何とか年内に組み終えれたらなぁと
考えながらも少しずつ作っていきます。

それでは~!





HGUC ジムコマンド宇宙用 塗装編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

先週末に我が家の車のタイヤ交換と、外したスタッドレスタイヤのホイール洗浄、
さらに洗車・・・とかやっていたら腰痛が再発したSINです。

痛み止めとか飲んでますがその場しのぎにしかならず、仕事中も痛くてなかなか集中できません。
やっぱ接骨院とか行くべきですよね(´ε`;)ウーン…



さて今回はジムコマンド宇宙用の塗装をしました。

しかも全塗装

以前作ったヒメブレン以来ですよ。

最初は部分塗装のみで済ませる予定でしたが、まじまじと見ていると
胴体の鮮やかな赤色が気になってきてしまいました。

しかし、やはりと言いますか、エアブラシはなかなか使うことができなかったので、
それなら筆で塗ってやろうと、しかもエアブラシ使えないからドライブラシで塗ってやろうと、
正直思い立った本人でさえよく分からない理屈で塗装しました。



HGUC ジムコマンド(宇宙)7

で、塗ったのがこちらになります。
光源の関係で胴体の赤にあまり変化がないように見えますが、
もう少しピンクがかった濁った色をしています。

色は胴体の赤がニュートラルグレーにモンザレッドを混ぜたものを、
白はグランプリホワイトにニュートラルグレーを少量混ぜたものを、
グレー部分は軍艦色を使用しています。

ドライブラシで~とか書きましたが、実際にドライブラシのみでやると物凄く時間がかかるので、
大まかな部分はドライブラシ用の筆で叩き塗りをした後に、
ふちを明るく調色した塗料でうっすらドライブラシをかけて、グラデーションっぽくしてます。

残りの細かい部分は面相筆で普通に塗りました。

では別の角度からも見てみましょう



HGUC ジムコマンド(宇宙)5

HGUC ジムコマンド(宇宙)6

HGUC ジムコマンド(宇宙)4

バーニア部分は前回のジェガン エコーズ仕様同様、クリアオレンジをふちにドライブラシにて
塗ってます。

仕上げにつや消しクリアをエアブラシにて(これだけは強行しました)吹き付けましたが、
クリアを薄めすぎたのか、あまりつやは消えませんでした。

ほぼ叩き塗りで塗装したためか、よく見るとけっこうムラができてしまいましたが、
叩き塗り特有のでこぼことした質感がでて、個人的には満足です。

あとは組み立て途中のスタークジェガンを組み立てたら、そちらもアップします。

それでは~。