スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG ダンバイン 1 

カテゴリ:その他ロボット系プラモ

こんばんは、SINです。


子供が産まれてから、確実にプラモを作る時間が減ってきていますが
ちょっとずつ作っていこうと思います。
その分というか、サボり癖のある性格だからか、更新も遅れ気味になっているのは
なんとかしなければいけませんが。

子供を口実に言い訳は良くないので、ここは時間管理をしっかりとしなければいけませんね。

さて、今回は、HGダンバインを素組みしました。



HGダンバイン1

このキットもちょっと昔のキットになります。
旧キットでもダンバインは販売されていますが、
その頃のキットよりかだいぶスタイルが良くなったと思われます。

ではランナーも見てみましょう。



HGダンバイン2

パーツ数はさほど多くない構成となっています。
羽や胸部の装甲がクリアパーツとなっているのはいいですね。

写真左下の黒いランナーは、軟質樹脂(たぶんゴム?)でできており、
関節のカバーやなぜかハンドパーツとなっています。

っていうか、なぜハンドパーツを軟質樹脂製にしたんでしょうね。
初っ端からきな臭い感じになってきました。

では早速作ってみようと思います。



HGダンバイン3

はい、出来上がったものがこちらになります。

・・・いや、完全に制作過程の写真を撮り忘れていました。
今回もヒメブレンのように全塗装したいと思い、シールの類は貼っていません。

素組みした感想としては

良いところ

・ちょっと前のキットの割に、合わせ目が前腕以外目立たないような作りになっている。
・軟質樹脂のパーツが関節部分を覆うので、見た目が良い。
・色分けもそこそこされているので、素組み+シールや、部分塗装でも
 十分な作りとなっている。

よろしくないところ

・背中のオーラコンバーターが重いせいか、直立させにくい。
・オーラショット(腕に付ける射撃武器)も付属するが、
 取り付けがシビアで、オーラショットを装着すると弾け飛ぶ。
・ハンドパーツが軟質樹脂製の為、手首がプラプラして保持させにくい。



とこんな感じになっています。
ハンドパーツさえしっかりした作りになっていたら、なかなかの良キットに
なっていたと思います。

塗装もさっそくやってしまいたいところですが、
予定やらなんやらでなかなか塗装する時間までわ割けそうにないので、
次のキットを組みつつも出来そうな時に塗装したいと思います。




スポンサーサイト

ヒメブレンパワード 2 

カテゴリ:その他ロボット系プラモ

ヒメブレンパワード6



今回はヒメブレンパワードの全塗装と、墨入れ、トップコートをしました。
これでこのキットは完成となります。

別の角度からも見てみましょう。



ヒメブレンパワード7

ななめ前から



ヒメブレンパワード8

後ろから

本体色と黒っぽいところやブレンバーの先端部分はエアブラシで塗装をし、
オレンジなど細かい部分は筆塗りです。

さて、今回はエアブラシを導入して初の塗装だったので、
エアブラシと塗装ブースのレビューもしたいと思います。



僕が購入した道具ですが、
エアブラシがタムタムオリジナルの「タムコンフレア」というもので、
塗装ブースがアネスト岩田キャンベルの「マジカルサクション」というものになります。

タムコンフレアは、言ってしまえばエアテックスから出ている「メテオ」と
ほぼ同一の商品です。
名称と製品の色を変えてタムタムブランドとして販売しています。

商品の内容は、小型のコンプレッサーにダブルアクションのハンドピース、
ACアダプターとなっており、これと塗料、溶剤があればエアブラシ塗装ができる内容となっています。

使用した感想ですが、コンプレッサーを操作するのもON/OFFボタンと
3段階のエア圧調整のボタンのみと非常にシンプルな作りをしており、
気軽にエアブラシでの塗装ができるようになっています。
動作音は金魚鉢に使うエアポンプよりやや大きいくらいでしょうか。

裏を返せば細やかなエア圧調整などができないと言う事になりますが、
値段も1万を切りますし、僕のような初心者にはこれくらいシンプルな方が
使いやすいと思います。

ノズルも0.2mmの細吹き用が初めからセットされていますが、
よほど広い面積を塗装しない限りこのままでも不便さは感じませんでした。
ノズル単品でも売られていますので、必要になったころにパーツのみ
付け替えてもいいのではないでしょうか。

それにしても筆塗りからエアブラシになると、均一で薄い塗膜が簡単にできて、
なおかつ筆跡も出ないのでけっこう感動します。
その分、色を変えるごとに掃除するのは面倒なんですが・・・



続いて塗装ブースですが、販売会社が違いますがこちらもエアテックスの「レッドサイクロン」と
構造や性能が類似していると噂されているものです。

動作音はヘアドライヤーくらいの大きさですが、その分吸引力はなかなかのものです。
ちゃんとブースの方に向かって塗装すれば、ミストは殆どキャッチしてくれます。
臭いも換気扇とセットで使えば、部屋にこもる事もほとんど無いのではと思います。

価格は安いところでは1万ちょっとで買えたりするので、タムコンフレアと合わせても
2万円程でエアブラシ塗装ができます。



と、実際に使ってみた感想も書いてみましたが、少しでも参考になったら嬉しいです。

ヒメブレンパワード 1  

カテゴリ:その他ロボット系プラモ

なかなかドタバタしていて、ブログ更新が滞っているSINです。


やはりと言うか、プラモを作る時間も以前よりかは少なくなってきたと感じています。

その辺余った時間を有効活用できるように考えていかなければいけませんね。

さて、今回はせっかくエアブラシと塗装ブースも買ったので、
初の全塗装にも挑戦しつつ、このキットを作ろうと思います。

ヒメブレンパワード1

ブレンパワードというアニメに登場した、ヒメブレンパワードという
ロボットとも生物ともいえるものです。

たまにはガンプラ以外のキットも消化していかないといけないですね。



ヒメブレンパワード2

ランナー構成はこのようになってます。

パーツ数は比較的少なめとなっていますが、
キット自体ちょっと昔のキットとなっているので
合わせ目を消すところが頭部など目立つところにあります。

武器なんかも肌色?一色なので、素組みではちょっときついかもしれないですね。



ヒメブレンパワード3

今回は全塗装が前提なので、合わせ目を消す部分だけ
ある程度組み立てつつ、合わせ目を消していきます。
色が分かれる部分はマスキングテープとマスキングゾルで
マスキングしていきます。

よく他の方のブログなどを見ると、後はめ加工をされているのを見ますが、
僕の場合、正直言ってどうやればいいのか解らないというのもあり
今回はそういったことはしないで作ってみようと思います。

ちなみに塗装ブース奥のドアは、嫁さんから依頼があった
シルバニアファミリーのお家の一部を塗装してほしいと言われていたので、
エアブラシの練習がてら塗装していたものです。



ヒメブレンパワード4

合わせ目消しとマスキングが終わったところです。
まずは本体の肌色?ベージュ?な本体部分の色を塗装していきます。

本体の色は、カラーガイドに沿って作りましたが、
ちょっとパッケージ上の本体の色と合わなかったので
白などを足して修正しています。

他の色はカラーガイドに沿って作りました。



ヒメブレンパワード5

かなり飛びましたが、本体色、黒っぽい色、オレンジを塗装しました。
オレンジ部分は細かいところがほとんどだったので、筆塗りで塗装しています。

残すは武器部分とはみ出た部分の修整となりました。
次回はエアブラシの感想も合わせて書いていこうと思います。

アカツキカスタム エステバリス 

カテゴリ:その他ロボット系プラモ

こんばんは、SINです。


いつも夜遅くに書いてますが、毎日お休みとかではないです。
ばっちり明日も8時から仕事です。・゚・(ノД`)・゚・。

さて、今回はちょっと前のキット、
機動戦艦ナデシコに登場する、アカツキカスタム エステバリスを作りました。

アカツキ専用エステバリス

どうですか?この雄姿!






はい、どう見ても食玩です。






昔のHGだと、素組みでシールもまともに貼らないとこうなってしまいますね・・・
もちろんこれで完成とか言わないです。
顔などの色分けもシールで再現されているのですが、
その辺は塗装でやろうと思います。
でこぼこしてる面にシールを貼ると、どうしても見栄えがよろしくないですからね。

ただ塗装は現在、自主規制中なのですよ。
窓を全開にしていたにも関わらず、嫁さんに溶剤の匂いを指摘されたからなんですけどNE☆
作業をしている側は気付かないものですね(;゚д゚)
家の風通しがいいので、うまい事匂いが外に出てるとばかり思ってましたが・・・。
それで作業部屋に換気扇を近々設置しようと画策中なので、
塗装はそれまでお休みです。

その間に溜まってきたプラモ組み立ててしまおうかな。

★この記事を見て作った方は、コメントください。
管理人が泣いて喜びまs(ry



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。