スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC ジェガン エコーズ仕様 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

更新が遅れ気味なSINです。



絶賛繁忙期な仕事と、娘の夜泣きの狭間で
口から魂が出かけていました。

そんな中でもプラモは作るんですけどね。

今回は、オールジムプロジェクト第6弾、
HGUCのジェガン エコーズ仕様の素組みをしました。

箱の写真は撮り忘れていたので、組み立て中の写真からいきます。


HGUC ジェガン(エコーズ)1

まずは胴体、バックパックから組み立てました。

胸部に追加装甲のパーツがありますが、初めから擦れたような傷が入っていました。
けっこう目立ちますが、気にせず作っていこうと思います。



HGUC ジェガン(エコーズ)2

頭部を取り付けました。

カメラ部分は、内部をシルバーで塗装し、
バイザー部分はシールを貼りました。
ちなみにこのバイザーですが、パーツの差し替えで
バイザーを下した状態も再現できるようになっています。

せっかくなので、下した状態も見てみましょう。



HGUC ジェガン(エコーズ)3

こうやって見ると、米軍のヘルメットに付いているナイトビジョンみたいです。

ただ、バイザーを下してしまうと、塗装したカメラアイが隠れてしまうので
バイザーは上げた状態に戻して組み立てて行きます。



HGUC ジェガン(エコーズ)4

腕パーツを取り付けました。

右手のパーツは、武器の持ち手を付けるため、
ここではまだ取り付けていません。



HGUC ジェガン(エコーズ)5

脚パーツを組み立てていきます。
ふくらはぎの裏にスラスターが付いていますが、
ひざ部分はけっこう可動します。

ちなみに右脚のふくらはぎ部分を組み立てた際、
パーツの嵌め方を間違え、一部白化させてしまいました。



HGUC ジェガン(エコーズ)6

腰部分を組み立て、上半身と下半身を繋げました。
腰のサイドアーマーは、右側がビームサーベルラック、
左側がハンドグレネードラックとなっています。



HGUC ジェガン(エコーズ)7

武器とシールドを装備させて完成です。

今回このジェガンには、バズーカを持たせてみました。
ジム系をいくつか作りましたが、どれもライフル装備が多かったので
バズーカ持ってるのがいてもいいんじゃないかと思いまして。

本当は通常のジェガンを作りたかったのですが、
お店に在庫が無かったので、エコーズ仕様を買ってみたんですが
カラーリングやバイザーの形状など、通常のジェガンよりも兵器っぽく
なかなかいい感じになっています。

最近ジム系のキットを買ってくると、嫁さんから
「またジム買って来たの?」
とか言われてますが、まだまだ道のりは長いので
負けることなく?頑張っていこうと思います。




スポンサーサイト

塗装ブース、始めました 

カテゴリ:その他雑記

あ、そうそう。



実は昨日、タイトルにあるように、塗装ブースが届きました。

作業部屋

アネスト岩田キャンベルが出している 「まじかる☆サクショん」

というぶっ飛んだネーミングの塗装ブースにしました。

初めはエアテックスのレッドサイクロンを検討していましたが、
目を付けていたお店に行ったら、売れてしまいました・・・。
小遣い貰う直前には置いてあったんですけどね。
僕の人生、そんなもんです。

なのでネットで探していたところ、まじかる☆サクショんもレッドサイクロンと
セット内容、スペック的には同等で、価格も予算内に収まっていたので、こちらを購入しました。
回転テーブルも付属してくるので、便利そうですね。

懸念していた作動音も、ドライヤーくらいの音だったので
換気扇をすでに付けている為か、さほど気になるほどの音量ではありませんでした。
集合住宅や、生活スペース内で使用するにはちょっと気になるかもしれませんが。

ただ、折り畳みされた状態ではコンパクトなのですが、フードを完全に展開させると
かなりの奥行になるので、フードの手前は折りたたんだ状態で設置しました。

置く場所もカラーボックスしかなかったので、無理くりですが、なんとか机の横に設置できました。

まだ使用していないので、レビューはまだできないですが
おいおい使用後の感想も書いていこうと思います。





HGUC ヅダ 2 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

続いて第3弾です。


まとめて書けよって言われそうですが、カテゴリ別けしている以上
キットごとに別けて書かないと気が済まない性分なんですよね。

他はかなりズボラなんですが。

ヅダの素組みが終わりました。



HGUC ヅダ13

デジカメを嫁さんが入院している間、病院に置きっぱにしていたので
いきなり素組み終了後となっています。

ちなみに、これを撮影しようとした際、誤って落としてしまい
頭の角が折れました。
頭部は直すのも面倒なんで、予備機の頭にしようと思います。
・・・予備機なら迷彩塗装の手間が省けますしね。

後は肩やスラスター等の部分塗装と、墨入れをやって完成にしようと思います。





HGUC ジムカスタム 3 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

オールジムプロジェクト推進委員 終身名誉会員(仮)のSINです。


ジムをコンプリートするのも牛歩ながら、着々と進んでいます。

本日第2弾は、ジムカスタムの塗装と墨入れです。



HGUC ジムカスタム8

この機体の塗装する箇所は、
脚部のスラスター
シールドの裏側
肩の内側
バックパックのバーニア部分
ジムライフルのセンサー部
腰のVマーク
となりました。

HGとしては標準的な感じだと思います。

ジムライフルがブルパップ式なんですが、このキットには
弾倉が腕に干渉しないよう、手首パーツが作られているのがいいですね。


まだまだオールジムプロジェクトも終わりが見えて来ていませんが、
少しずつ進めていきますので、応援?してやってください。





HGUC ジム 寒冷地仕様 2 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

盆休みも残りわずかですねー。

僕は盆休み中、溜まった塗装待ちのガンプラを塗装してました・・・。

というのも、実は先週ついに



ベイベー(♀)が産まれました!



嫁さんも娘もすでに退院して家に戻ってきてるんですが、
もちろんどっかに出かけることも出来ないので、気ままなガンプラライフが送れています。

おいおいそういった時間が減っていくので、遊べるときに遊んどかないといかんですね。



さて、ジム寒冷地仕様の部分塗装と、墨入れを行いました。



HGUC ジム寒冷地仕様8

部分塗装といっても、頬や肩のダクト部分や、頭部のバルカン砲、
シールドの裏くらいなので、比較的楽でした。

値段や組みやすさが手ごろなキットなので、初心者の方にもおすすめできます。

昨日までに作ったプラモがいくつかあるので、そちらも続けて書いていきます。




HGUC ヅダ 1 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

こんばんは。


塗装をサボる男、SINです。

ジムカスタムを素組みして、塗装に入るかと思いきや
別の機体を組み始めるっていう・・・ね。

でないと、どんどん積みプラが増えていきますからねー。
仕方ない。・・・うん。

さて、今回組み立て始めたのは、こいつです。



HGUC ヅダ1

初代ガンダムの外伝にあたる、MSイグルーに登場するMS、ヅダです。

いやー、カッコイイです。

僕の中で好きなMSの1、2を争う機体です。

あれ?そういえば今までザクを作った事がないです。
グフ系は2体くらい作ってるんですけどね。

あ、サンダーボルト版は買ったんで、それが初のザクになりそうです。
いつ作ろうかな・・・?

早速中身を確認します。



HGUC ヅダ2

ポリキャップを含めて6枚のランナーで構成されています。

そのうち1枚はこの機体の目玉、135mm対艦ライフルのランナーとなっています。

では駆け足で組み立てていきます。



HGUC ヅダ3

まずは胴体部分から組み立てていきます。

胴体のみで見ると、カクカクして見えますね。
胸部と腹部に本来は白いラインを入れる必要がありますが、
シールが入っていないので、ここは塗装必須ですね。



HGUC ヅダ4

バックパックが付きました。

メインの土星エンジンが非常に目立ちます。
ちなみにこのスラスター部分は任意の方向に向けさせることができます。

今回のキット、バンダイもけっこうこだわって作ったみたいで、
各所にそのこだわりが見えます。



HGUC ヅダ5

メインスラスターの内部です。

写真では見にくいですが、内部のモールドが細かく再現されています。
レーザー加工によるものとのことですが、HGでこの細かさは嬉しい限りです。



HGUC ヅダ6

次は頭部です。

このままだとモグラみたいですので、外装も付けます。

劇中では4機のヅダが登場し、このキットでも頭部パーツの選択で
1番機、2、3番機、予備機と再現することができます。
せっかくなので、付け替えて比べてみましょう。



HGUC ヅダ7

1番機



HGUC ヅダ8

2、3番機



HGUC ヅダ9

予備機



頭部のパーツを変えるだけで、ずいぶん印象が違いますね。

とりあえず1番機の状態で組み立てていこうと思います。

あとでいくらでも変更できますしね。



HGUC ヅダ10

両腕が付きました。

写真は撮ってませんが実はこの機体、

腕が伸びるんです。

肩の上のぼっちを押すと、僅かですが腕が伸びます。

設定では油圧ジャッキによる伸縮機能が盛り込まれ、
脚部にマウントされた武器を素早く持ち換える事ができるようです。

なるほど、武器の交換用でしたか。

それならもっと伸ばせるようにすれば、相手を殴る為の手段になりそうですね。



「ええい、ジオンのMSはダルシムか!?」



HGUC ヅダ11

武器類の組み立てを行いました。

ザクマシンガンやシュツルム・ファウスト、シールドのほかに、
今回の目玉である、135mm対艦ライフルが専用装備として付きます。

それにしてもデカいですね。

1/100のウイングガンダムゼロカスタムのツインバスターライフルと比べてみましたが、
こちらの方が1/144なのにデカいです。

完成したら必ず持たせたいですね。



HGUC ヅダ12

つぎは足の組み立てに取り掛かります。

足自体は想像より小さい感じがします。

また、4つのパーツで構成されてますが、足自体の可動する箇所はありません。
宇宙空間での戦闘がメインの機体だからでしょうか。

とりあえず、今日はここまでです。
じかいはこの続きから作っていきます。





HGUC ジムカスタム 2 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

今回は前回に続き、ジムカスタムの組み立てを行いました。


HGUC ジムカスタム5

両脚を組み立てていきます。

小さいスラスターはやはり部分塗装が必要ですね。

ただ最近、部屋がくそ暑くて、塗装する気力がなかなか出ません。
扇風機の導入も考えないといけないですね。



HGUC ジムカスタム6

腰部分を組み立て、上半身と両脚とを繋げます。

撮影中に嫁さんから、

「右手が無い!」

と突っ込まれました・・・。

いや、今組み立ててます。



HGUC ジムカスタム7

武器とシールドを組み立て、嫁さんから指摘を受けた右手もちゃんと付けて
組み立てはとりあえず終わりました。



そうそう、8月が僕の誕生日なんですが、
今日(正確には昨日)は僕が休みだったので、
誕生日プレゼントを買ってもらいにタムタムへ行ってきました。

そんなに高い物じゃなきゃなんでもいいとのことだったので、
ついに入手しましたよ!



タムコンフレア

タムコンフレア!

でも塗装ブースまでは予算的に買ってもらえないので、まだしばらくはお預けですが。

次のお小遣いで塗装ブースを買うか、作るかしようと思います。

ただ、作業場の窓を排気用に使っていますが、
ある程度距離があるにしても、窓の先がガッツリお隣さんの家の窓があるっていう・・・ね。

その辺考えると、市販品の方が迷惑は掛かりにくいのかなって思ってしまいます。

あ、タムコンを買う時に店員さんと少し話をして、
僕の誕生日プレゼントなんですよ~って言ったら、
「じゃあ僕からもプレゼントあげますね」って



ビームランチャー

もらっちゃいました。


って、タムコンと一緒にプラモ買ってるから、それのオマケでした。

プレゼントって言うなら、全部ちょうだいとはさすがにチキンなんで言えませんでした。

まだ前回のキャンペーンの武器も組み立ててすらいないので、
とりあえずは保管ですね。

次回は久々にジオン系のMSを組み立てるか、塗装をしようと思います。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。