スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGBF パワードジムカーディガン 1 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

またまた久々の更新です。

今回はオールジムプロジェクト第弾8
ビルドファイターズトライにて、ホシノフミナが操作する機体、
パワードジムカーディガンを素組みしました。




HGBF パワードジムカーディガン1

ランナーは以下の通りの構成となっています。



HGBF パワードジムカーディガン2

HGBF パワードジムカーディガン3

内容として、基本的なパーツはHGUCにてすでに発売されている
パワードジムのランナーと、新規でパワードジムカーディガンのランナー、
パワードアームズパワーダーのランナーの組み合わせとなっています。

意外とパーツ数もHGの中では多めな感じですね。

HGBF パワードジムカーディガン4

素組みはこんな感じとなります。

ちなみにシールは貼っておらず、カメラアイの内部メカパーツのみ
あらかじめシルバーで塗装しています。



HGBF パワードジムカーディガン5

肩にサーベルラックが付いており、前方に回転させることで
ビームサーベルを抜くポーズがとれます。



HGBF パワードジムカーディガン6

バックパックに装着されている大型ライフルとシールドは
サブアームとつながっており、サブアームも自在に可動するので
ポージングの自由度は高いです。

両腕のガトリングガンは、フタの差込口をずらすことで
ガトリングガンの発射を再現できます。



素組みを終えた感想として、他のブログやサイトを見る限りでは、
基本的な部分は以前発売されたパワードジムのランナーを使いまわしているから
可動域があまり良くないなど言われていますが、
僕自身はさほど気にならないレベルなのではと思います。

サブアームに関しては、サンダーボルト版のジムに付属していたサブアームが
ほとんど可動しなかったのに対し、こちらのキットは自由自在に可動するので
色んなポーズが取らせやすいのではと感じます。

機体色も薄いイエローですが、さほどポップな印象はしません。

イエローの部分をグレー系の色に塗装すると、かなり兵器感を出す事ができそうです。

実はBFのキットは今回が初めて(意味深)でした。

なぜか不思議と組み立てようと思わなかったんです。

今回もパワードジムカーディガンが発売した時はさほど興味がなかったんですが、
実際にパッケージを見てみると思った以上にカッコよかったんですよね。

決してホシノフミナさんがカワイイからとか邪な理由ではないです。

となると、この機体を作った以上、以前に出ていたジムスナイパーK9も
組み立てなきゃですね。

また暇な時に買いに行ってみようと思います。




スポンサーサイト

第08MS小隊のキットを求めて 

カテゴリ:その他雑記

先日の記事で近所の模型屋を開拓していると書きましたが、
行ってみると色々と欲しい物が増えてしまうのが悩みです。

個人でやっている模型屋とか最近減りつつありますけど、
行ってみると商品のラインナップなど、その店主の個性が出ていたりして
楽しいもんです。

さて、僕は基本的には大型のホビーショップや、ヤフオクで欲しいプラモを買いますが、
ここにきて何故個人経営の模型屋を開拓していたのかって話になりますよね。

タイトルの通りなんですが、
旧HGの第08MS小隊のキット(主にジム)を探し回ってました。

ア○ゾンとかネットで探せば出てくることは出てくるんですが、
軒並み定価の3倍くらいとかしてしまうんですよ。

まあ現在生産されていないものなので仕方ないのかもしれませんね。

そんな中何軒か回った結果・・・



HG ジムスナイパー

ジムスナイパーをゲット!

しかもほぼ当時の値段のまま購入できました。

なかなか見つからなかったんで、店頭に置いてあるのは絶滅してしまったのかと
ちょっと心配していたんですよ。

もちろんジムスナイパーを買ったら、陸戦型ジムも欲しくなってしまいますよね。



HG 陸戦型ジム

買ってしまいましたよ、ア○ゾンで。

普段だと2千円超えが当たり前なんですが、たまたま千円ちょっとまで下がっていたのを
見つけて、買ってしまいました。

定価は超えてますが、送料無料だったんであまり痛手ではないです。



人間欲が出ると歯止めが効かないもので、さらにあちこち物色していたところ、
陸戦型ガンダムとザクがセットになっているキットを発見してしまいました。

HG 陸戦ガンダムVSザク JAF-CON1

箱の側面と値段(千円以下)を見て即座に買ってしまいましたが、
よくよく箱を見ると、

JAF-CON限定品

とか書かれたシールが貼ってあるのに気付きました。

ていうか、気付くの遅いです。

その時点でも大して気にも留めず、これで8小隊揃ったぜ!うへへ・・・って箱を開けたんですが、
MAJIKA!?って感じですよ。



HG 陸戦ガンダムVSザク JAF-CON2

右がシャアカラーのザクで、左がもはやセロテープの塊ですか!?(ひどい)
ってぐらいクリアーな陸戦型ガンダムです。

そうだった・・・限定品ってクリアカラーバージョンとかあるんだった・・・。

組み立てたにしても、さすがに8小隊の仲間にはなれそうもないです。

とりあえずこのキットにいついて調べてみたんですが、
JAF-CONについては解かったのですが、肝心のこのキットについては
ネットでもあまり情報が載ってないんですよね。

判明したことで驚きだったのが、過去にヤフオクで2万とか3万で
買った人がいるってのに驚きました。

だってこれ、ホビー○フで900円くらいで買ったんだぜ?

個人的に転売しようとか考えないので、正直値段が判ったところで
そのうち組み立ててしまうんですが。

いや、プラモってプレミア物だろうがなんだろうが、作ってなんぼの物ですからね!

積みプラを日増しに増殖させている僕が言う事ではないかもしれませんが
転売目的で買いあさって、結果、価格が高騰するのとか見てるとなかなか腹立たしいんですよね。

なんか愚痴っぽくなってしまいましたが、
ザクはそのまま作るとして、陸戦ガンダムはLEDが入った台の上に載せて
色んな色に光らせても面白いかもしれませんね。

箱を開けて見た時は8小隊が揃えられなくて少し残念でしたが、
これはこれで色々楽しめそうなので、また作ったら掲載したいと思います。



あ、そういえば、カテゴリを今まで機体別に作っていましたが、
今回記事を書くついでにカテゴリを一新しました。

ガンプラはグレード別に、あとはその他のロボット系、嫁さん作成と、
けっこう大まかなカテゴリ分けにしてみました。

機体別にカテゴリ分けしても記事が1つとか、カテゴリがかなり多くなってしまったので
わりとシンプルになったのではないかと思います。

ぜひ見て、どうぞ。



それではまた!

HGAW ガンダムX その2 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

今回はガンダムXの素組みを完了させました。


飛び飛びですが、順に組み立てた写真を載っけていきます。HGUC ガンダムX5

実は平日の間に、ここまで組んでいました。

後少しって感じですね。



HGUC ガンダムX6

腰部分の残りを組み立て、上半身と下半身を繋げました。

腰のサイドアーマーが両脚にペタっとくっ付く感じだったので、
それだと腰がのっぺりして見えると思い、少し角度を付けてみました。
この方がバランスが良いように見えます。



HGUC ガンダムX7

X形バインダーと、武器類を取り付けて、素組みは終了です。

ポーズはせっかくなのでサテライトキャノンを構えさせてみました。

背景が生活感満載なのは触れないでください。



組んでみた感想としては、胸のダクトやブレストバルカン、シールドライフルなど
細かい部分で塗装した方がいい部分がありますが、
シールでフォローできる部分もあるので、目立つ塗装箇所はあまりないように感じます。

しかもこのキット、パーツ分割もうまい事分割されているので、
合わせ目消しをしなくとも充分見た目が良いです。

このガンダムXが意外と良キットだったのに驚きました。

来週から3連休が不思議なことに2回もあるので、
その時に塗装も出来たらと思います。

次はジム系を作るぞー!





HGAW ガンダムX その1 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

今回はHGAW ガンダムXを作っていこうと思います。


HGUC ガンダムX1

実は正直言って、ガンダムXは殆ど見ていなかったので、
思い入れがあまりない機体なんですよね。

たぶんこれを買う前に、嫁さんと会話していた時、
嫁さんが
「月は出ているか」
とか言っていてその何日か後に、欲しいプラモと何か適当に1個買おうとした時
たまたま嫁さんとの会話を思い出して、ノリで買った記憶があります。

買ったは良いですが、このままいくと作らないまま放置しそうだったので
あえて今回作ってみようと思い立ちました。

こんな事書いてると、ガンダムX好きな人に八つ裂きにされそうですね。
せっかくなので、この機会にX見てみようと思います。

ではランナーの確認をしていきます。



HGUC ガンダムX2

ジムコマンドを作った後だからか、パーツ数がそこそこ多めに見えてしまいます。

手前のキラキラ光っているのは、ガンダムXの特徴である
X形リフレクターを再現するためのホログラムシールです。

では塗装はどうしようかなど考えながら、どんどん組んでいきます。



HGUC ガンダムX3

とりあえず今回はここまで組み立てました。



HGUC ガンダムX4

ちなみに胸部のクリアパーツが使われている部分の内側は、
ホログラムシールを貼る事で、キラキラ光って見えるようになっています。

組み立てていくと、思った以上にかっこよく思えてしまいます。
これはちょっと完成が楽しみになってきました。



そうそう、最近、欲しいプラモを探すのが目的で
地元周辺のホビーショップをあちこち開拓していってます。

最近のHGUCとかはそんなに探し歩かなくてもいいんですが、
自分が欲しい物が現在生産されていないキットだったりするので
なかなか手間がかかってしまいます。

ネットでも探せば見つかるのですが、元値の3倍以上にまで上がってたりすると
さすがに買うのを躊躇してしまうんですよね。

そんな中目当ての物のうちいくつかは買う事ができましたが、
その時にあまり見ない仕様のキットを発見してついつい購入してしまいました。
言っちゃうとJAF-CON限定品です。

ネットで調べてもあんまり出てこないキットなのですが、
またおいおい写真をアップしてみようと思います。



バンダイHG 1/144 ガンダムX [HGガンダムX]

バンダイHG 1/144 ガンダムX [HGガンダムX]
価格:1,358円(税込、送料別)



HGUC ジムコマンド(宇宙仕様) 1 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

今日はZⅡの続きがすぐに終わったので、もう1体素組みをしました。


今振り返れば、溜まった塗装待ちのプラモ、塗装できたじゃん
って思いますが、時すでに遅しですね。



HGUC ジムコマンド(宇宙)1

オールジムプロジェクト第7弾
ジムコマンド(宇宙仕様)です。

実は過去に1体作った事があるので、今回で2体目になります。

ちなみに最初に作った1体目は、当時引っ越しをした際に捨ててしまいました。

落下して部品がいくつか無くなってたりしてたので、仕方ないといえば仕方ないのですが・・・

ではランナーの確認をしていきます。



HGUC ジムコマンド(宇宙)2

パーツ数はさほど多い感じはしません。

これなら早めに組めそうです。

シールもセンサー部分の赤いシールのみとなっています。

今回もサクッと組み立てたので、素組みしたのがこちらになります↓



HGUC ジムコマンド(宇宙)3

光の加減で、腰の中央にある赤いパーツにくぼみが見えますが、
とりあえず気にしない事にします。

プロポーション自体は初代のジムなどと比べると、スマートな印象がします。

ジムコマンドは地上用と宇宙用の2種類がラインナップされていますが、
バックパックと銃器以外のパーツは共用となっているため
この宇宙仕様のシールド裏に地上用のマシンガンの弾倉が付いてしまっています。

さほど気にはなりませんが、気になる方は切り落とすなどすると良いと思います。

合わせ目消しや部分塗装が必要な個所がいくつかありますが、
値段も比較的安く、構造も複雑ではないので、素組みでも十分楽しめるキットではないでしょうか。



最近、嫁さんとガンダムWをレンタルして観ていますが、
観てしまうとその作品のキットが欲しくなってきます。

早めに積みプラを消化していかないと、部屋が埋まってしまいそうです。

プラモを作る時間が欲しい・・・(泣)






HGUC ZⅡ 2 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

今日は仕事が休みで、特に予定もなかったので1日中プラモ作ってました。


何気にドタバタで久々にプラモを作った気がします。

さて、今回はZⅡにバックパックと武器を組み立て、取り付けました。



HGUC ZⅡ9

持たせたライフルが長いせいか、ライフルのみピンボケですね。

まあ気にしません。

これで素組みはとりあえず終了です。

作ってみた感想としては、腕や脚、武器など所謂モナカ割りな部分が多い気がします。



ていうかほとんどモナカでした。



また時間がある時に合わせ目を消さなきゃですね。

また、ZⅡ特有のメガ・ビームライフルを持たせるときに
バックパックに干渉しやすいので、持たせるときに苦労します。



なんかいきなりマイナスな感想になってしまいましたが、
モナカは合わせ目消しができれば解消できますし、
武器の件も工夫して持たせれば何とかなるので、めちゃくちゃマイナスって訳でもないです。

むしろほとんど設定上のMSだったZⅡがキット化しただけでも、十分ありがたいと思います。

まだ素組みが終わったのみなので、合わせ目消し、塗装をやったらそちらもアップします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。