スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG Gセイバー 素組み編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

先日、娘と嫁さんが相次いで体調不良で病院送りになったと
書きましたが、翌日の月曜、

僕も病院送りになりました

確実に嫁さんの胃腸風邪を拾ったみたいです。

今はあらかた治ってますが、あれはなかなかしんどいですね。
昨日が通常の休みで助かりました。
やっぱ健康が一番ですよ。

さて、復活したところで今回はHG Gセイバーを組み終わりました。



HG Gセイバー1

今思い返すと、それほどマニアックではなかった・・・かな?



HG Gセイバー2

ランナー構成はプリキャップを含めて5枚と、前回組み立てたジムコマンドと同じです。
パーツ数もそれほど多くない感じです。



HG Gセイバー3

組み立て完了です。
アンテナのシャープ化はしましたが、
削っている最中、アンテナの先端が折れるという、
今まで経験したことのない凡ミスをしでかしました。
接着してヤスリで整えたら、なんとかごまかせたので良しとしましょう。



HG Gセイバー4

後姿です。
背中の特徴的なバックパックと、腰のスラスターが高機動さをアピールしています。
それにしても、ライフルとシールドがちょっと小さく感じてしまいます。



またちょっと前のHGを組み立てましたが、全体的なプロポーションや
二の腕や腿のフレームの再現度はなかなか良いのではと思います。
ライフルも腰の後ろや、ふくらはぎ部分に出ている突起に差し込むことで
収納することが出来ます。

気になる点ですが、腕の構造上、逆方向に関節が曲がってしまう事や、
ひざ関節がちょっと緩い(ぼくのだけ?)とかあり、
色分けも大まかに分けられている程度で、シールもカメラアイと胸部のダクト部分?
のみなので、少なくとも部分塗装はした方が見栄えは格段に変わります。

合わせ目は少し前のキットという事もあり、頭部や手足にかけてあります。

とは言っても、パーツ数も少なく、組み立てやすいのは良いのではないでしょうか。

もし部分塗装が出来る環境があるのなら、たまに再販されるみたいなので
作ってみるのもいいと思います。

それでは~!
スポンサーサイト

HG ジムコマンド 素組み編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

嫁さんと娘が相次いで体調を崩し、休みが病院でほぼ潰れてしまったSINです。

皆さんもインフルエンザとか流行っている時期なので、体調には気を付けましょうね(´Д`;)

さて、今回はHGUC ジムコマンドを組み立てました。




HGUC ジムコマンド1

オールジムプロジェクト(自称)11弾となりました。



HGUC ジムコマンド2

ランナー紹介です。
ポリキャップ含めて5枚のランナー構成となっています。



HGUC ジムコマンド3

素組みを終えました。
ロッドアンテナのシャープ化以外、手は加えていません。



HGUC ジムコマンド4

HGUC ジムコマンド5

以前素組みしたジムコマンド宇宙用と並べてみました。

色以外での相違点は、手持ちの武器がマシンガンかビームガンかの違いと、
バックパックの形状、バーニアの数といったところです。



組み立てた感想として、色やバックパック等の変更だけでずいぶんイメージが変わると感じました。
カラーは宇宙用じゃない方が落ち着いた感じで好みです。

宇宙用同様、目立つ箇所に合わせ目があったりしますが、パーツ数も少なめで
組み立ても簡単なので、初心者にもとっつきやすいキットなのではないかと思います。

次回はちょっと変わり種のガンプラを組んでみようと思います。
それでは!






HG ユニコーンガンダム デストロイモード 素組み編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

本日3回目の投稿となります。

今回はユニコーンガンダム デストロイモードの素組みをしました。



HG ユニコーンガンダム デストロイ1

去年買ってずっと放置になっていたもので、ようやく組み立てました。

ではランナーチェックから行きましょう



HG ユニコーンガンダム デストロイ2

HG ユニコーンガンダム デストロイ3

ポリキャップを含めて全部で7枚の構成となっています。
全身サイコフレームを再現するために、パーツ数はHGの中でも多い方になると思います。
ポリキャップもサイコフレームのクリアパーツに合わせて赤色となっています。



HG ユニコーンガンダム デストロイ4

素組みが終わりました。
併せてアンテナのシャープ化と、腰のフロントアーマーの左右独立化のみ行いました。

組み立てた感想としてビームマグナム以外、目立った合わせ目はほとんどありません。
クリアパーツと組み合わせる構造上、合わせ目が出にくい作りかもしれません。

色分けはほぼ良いのですが、肩上部のパーツと、アンテナの裏側は塗装した方が
良いのではないかと思います。
肩のパーツはシールにて補えるので、好みによってシールを使うのも手だと思います。

気になる点として、ひじ部分が逆関節に可動してしまうのが気になりました。
あと、ビームサーベルの刃が付いてこないので、ビームサーベルを持たせる場合には
他のキットから流用する必要があります。

時代設定が逆襲のシャアの後、F91以前になるので、機体の大きさがかなり大きくなります。
当然キットも大きくなるので、けっこう迫力があります。



HG ユニコーンガンダム デストロイ5

試しにHGのジムと並べてみました。
頭一つ分以上ユニコーンが大きいです。

プロポーションも悪くなく、HGながら迫力もあり、合わせ目も少ないので
素組み派の方にもおすすめできるキットだと思います。

またこれも部分塗装や墨入れをしたら続きを書いていきます。





RG ウイングガンダムゼロ(EW版) 素組み編 

カテゴリ:ガンプラ RG

年明けから、ちまちまとこいつを作っていました。


RG ウイングガンダムゼロ(EW)1

以前これが出るまでにHGのウイングとウイングゼロを作るとか言ってましたが、
まだウイングゼロ、手すら付けていません。

エクシアも作りたかったので、HGの方はおいおい作っていきます。

まずはランナーのチェックから。



RG ウイングガンダムゼロ(EW)2

RG ウイングガンダムゼロ(EW)3

ランナーの数は9枚と、さほど多い印象ではないです。




RG ウイングガンダムゼロ(EW)4

素組みをし終わりました。

ウイングゼロは地面に立たせるよりか、アクションベースを使って飾った方がいいですね。
ただ、手持ちのアクションベースが赤しかなかったので、とりあえずその場しのぎで赤を使用してます。

組み立てた感想として、可動範囲はRGらしく非常に良いです。
またRGらしいアレンジは控えめですが、必要最小限にまとめられている感があります。
その辺は好みが分かれそうですね。
アクションベースの接続部分が股間の下だけでなく、バックパック下にもあるので、
飾り方のバリエーションが増えたのは嬉しいポイントだと思います。

ただ欠点というか、問題点もいくつかあります。
背中とバックパックの接続点が緩く、本体からバックパックがぽろっと取れやすくなってます。
なので、バックパック下にアクションベースを取り付けて飾る場合、本体が落下する恐れも出てくるため、
接続部を接着剤で太らせるか、そのまま接着した方が良いかもしれないです。

また、メイン武装のツインバスターライフルを連結して持たせる際、ハンドパーツが干渉したり、
手首が外れたりと持たせにくい感がありました。
グリップ部分をずらして持たせればなんとか持たせられるので、さほど問題ではないと思いますが。

人気機体で期待も高かったキットなので、ア○ゾン等の評価では厳しい意見などありましたが、
個人的な好みや、簡単に手直しできる問題であって、キット自体の出来栄えは良いと思います。

気になっている場合は作ってみて損はないのではないでしょうか。
ではまた墨入れ、デカール貼りを終えたらアップします。





RG ガンダムエクシア 墨入れ、デカール貼り 

カテゴリ:ガンプラ RG

こんにちは、SINです。
気が付いたら年が明けて10日以上経ちますね。
あ、今年もよろしくお願いします。

予定の都合上、なかなかブログが書けませんでした。
プラモは時間が空いた時を狙ってちょっとずつ作っています。

今回はエクシアに墨入れを施し、デカールを貼り終えました。



RG ガンダムエクシア 7

墨入れとデカールを貼るだけでもかなり印象が変わりますね。

ガンダムエクシアはそれ以前のRGと比べると、
デカールの量も少なめなので、さほど時間はかからないと思います。

ちなみに写真は撮ってませんが、GNドライヴ内部にもシルバーのシールを貼るよう指定がありますが、
モールドが埋まってしまう為、シルバーで塗装しました。
ほとんど見えないんですけどね。

とりあえず、エクシアはこれで完成です。
ブログを書いてない間に組み立てたキットが2体いるので、
そちらも後々書いていきます。

それでは~






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。