スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム(嫁さん作成) 

カテゴリ:嫁さん作成プラモ

久しぶりの更新となってしまいました。

なんとか生きています。

先週は東京へ出張していたので、ぜんぜん更新できませんでした。
これもご飯を食べていくため、そしてプラモ代を稼ぐためと思って
頑張るしかないですね。

さて、今回は僕がいない間に嫁さんが作ったプラモをUPします。



HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム1

HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタムです。
けっこう前のキットで、HGなのに1/100サイズになります。

ちなみにこの1/100ガンダムWのシリーズ、ガンダム系5体とトールギスⅢも買って
このキットとトールギスⅢは組み立てたので、あと4体います。

頑張れ、嫁さん。

写真は一通り撮ってくれていたので、サクッと紹介していきます。



HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム2

まずはランナーです。
ポリキャップとフィギュアのランナーも合わせて8枚となっていますが、
一つ一つのパーツが大きめな為か、全体のパーツ数はさほど多くはなさそうです。

それにしてもシールはかなり少なめですね。
色分けは大丈夫なんでしょうか・・・?



HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム3

まずは両脚を組み立てます。
かなり尖ったつま先です。
こんな足で蹴りを入れられたら、ひとたまりもありません。



HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム4

次に両腕を組み立てます。
横に大きく張り出した肩が目立ちますね。



HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム5

顔と胴体、腰、そしてガンダムデスサイズの象徴と言える
ビームシザースを組み立てます。

顔や胴体はけっこうシンプルですが、
目を引くのはやはりビームシザースですね。
ガンダムデスサイズより全長が長いので、
推定でも17~18メートルくらいはありそうです。
これならモビルスーツだけでなく、戦艦も一刀両断できそうですね。



HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム6

もう一つの特徴でもある、アクティブクロークを組み立てます。

このアクティブクロークは、敵のレーダー波などを吸収する素材や塗料と、
ビームを跳ね返す素材を組み合わせて作られたそうです。
近距離戦をメインに行うため、こういった防御の手段も考えられてるんですね。

さらに視覚的にも相手が怯む効果もあるのでしょうか。



HG ガンダムデスサイズ ヘルカスタム7

全てのパーツを組んで、完成です。

シールは主に顔部分に使われています。
それ以外にはシールは使われていませんが、
パッと見、部分塗装が必要な所は見当たりません。
となると、あとは墨入れだけで良さそうですね。

墨入れは誰がやるのかわかりませんが、
出来次第UPしていきます。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。