FC2ブログ

スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUC ヅダ 1 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

こんばんは。


塗装をサボる男、SINです。

ジムカスタムを素組みして、塗装に入るかと思いきや
別の機体を組み始めるっていう・・・ね。

でないと、どんどん積みプラが増えていきますからねー。
仕方ない。・・・うん。

さて、今回組み立て始めたのは、こいつです。



HGUC ヅダ1

初代ガンダムの外伝にあたる、MSイグルーに登場するMS、ヅダです。

いやー、カッコイイです。

僕の中で好きなMSの1、2を争う機体です。

あれ?そういえば今までザクを作った事がないです。
グフ系は2体くらい作ってるんですけどね。

あ、サンダーボルト版は買ったんで、それが初のザクになりそうです。
いつ作ろうかな・・・?

早速中身を確認します。



HGUC ヅダ2

ポリキャップを含めて6枚のランナーで構成されています。

そのうち1枚はこの機体の目玉、135mm対艦ライフルのランナーとなっています。

では駆け足で組み立てていきます。



HGUC ヅダ3

まずは胴体部分から組み立てていきます。

胴体のみで見ると、カクカクして見えますね。
胸部と腹部に本来は白いラインを入れる必要がありますが、
シールが入っていないので、ここは塗装必須ですね。



HGUC ヅダ4

バックパックが付きました。

メインの土星エンジンが非常に目立ちます。
ちなみにこのスラスター部分は任意の方向に向けさせることができます。

今回のキット、バンダイもけっこうこだわって作ったみたいで、
各所にそのこだわりが見えます。



HGUC ヅダ5

メインスラスターの内部です。

写真では見にくいですが、内部のモールドが細かく再現されています。
レーザー加工によるものとのことですが、HGでこの細かさは嬉しい限りです。



HGUC ヅダ6

次は頭部です。

このままだとモグラみたいですので、外装も付けます。

劇中では4機のヅダが登場し、このキットでも頭部パーツの選択で
1番機、2、3番機、予備機と再現することができます。
せっかくなので、付け替えて比べてみましょう。



HGUC ヅダ7

1番機



HGUC ヅダ8

2、3番機



HGUC ヅダ9

予備機



頭部のパーツを変えるだけで、ずいぶん印象が違いますね。

とりあえず1番機の状態で組み立てていこうと思います。

あとでいくらでも変更できますしね。



HGUC ヅダ10

両腕が付きました。

写真は撮ってませんが実はこの機体、

腕が伸びるんです。

肩の上のぼっちを押すと、僅かですが腕が伸びます。

設定では油圧ジャッキによる伸縮機能が盛り込まれ、
脚部にマウントされた武器を素早く持ち換える事ができるようです。

なるほど、武器の交換用でしたか。

それならもっと伸ばせるようにすれば、相手を殴る為の手段になりそうですね。



「ええい、ジオンのMSはダルシムか!?」



HGUC ヅダ11

武器類の組み立てを行いました。

ザクマシンガンやシュツルム・ファウスト、シールドのほかに、
今回の目玉である、135mm対艦ライフルが専用装備として付きます。

それにしてもデカいですね。

1/100のウイングガンダムゼロカスタムのツインバスターライフルと比べてみましたが、
こちらの方が1/144なのにデカいです。

完成したら必ず持たせたいですね。



HGUC ヅダ12

つぎは足の組み立てに取り掛かります。

足自体は想像より小さい感じがします。

また、4つのパーツで構成されてますが、足自体の可動する箇所はありません。
宇宙空間での戦闘がメインの機体だからでしょうか。

とりあえず、今日はここまでです。
じかいはこの続きから作っていきます。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。