FC2ブログ

HG ダンバイン 1 

カテゴリ:その他ロボット系プラモ

こんばんは、SINです。


子供が産まれてから、確実にプラモを作る時間が減ってきていますが
ちょっとずつ作っていこうと思います。
その分というか、サボり癖のある性格だからか、更新も遅れ気味になっているのは
なんとかしなければいけませんが。

子供を口実に言い訳は良くないので、ここは時間管理をしっかりとしなければいけませんね。

さて、今回は、HGダンバインを素組みしました。



HGダンバイン1

このキットもちょっと昔のキットになります。
旧キットでもダンバインは販売されていますが、
その頃のキットよりかだいぶスタイルが良くなったと思われます。

ではランナーも見てみましょう。



HGダンバイン2

パーツ数はさほど多くない構成となっています。
羽や胸部の装甲がクリアパーツとなっているのはいいですね。

写真左下の黒いランナーは、軟質樹脂(たぶんゴム?)でできており、
関節のカバーやなぜかハンドパーツとなっています。

っていうか、なぜハンドパーツを軟質樹脂製にしたんでしょうね。
初っ端からきな臭い感じになってきました。

では早速作ってみようと思います。



HGダンバイン3

はい、出来上がったものがこちらになります。

・・・いや、完全に制作過程の写真を撮り忘れていました。
今回もヒメブレンのように全塗装したいと思い、シールの類は貼っていません。

素組みした感想としては

良いところ

・ちょっと前のキットの割に、合わせ目が前腕以外目立たないような作りになっている。
・軟質樹脂のパーツが関節部分を覆うので、見た目が良い。
・色分けもそこそこされているので、素組み+シールや、部分塗装でも
 十分な作りとなっている。

よろしくないところ

・背中のオーラコンバーターが重いせいか、直立させにくい。
・オーラショット(腕に付ける射撃武器)も付属するが、
 取り付けがシビアで、オーラショットを装着すると弾け飛ぶ。
・ハンドパーツが軟質樹脂製の為、手首がプラプラして保持させにくい。



とこんな感じになっています。
ハンドパーツさえしっかりした作りになっていたら、なかなかの良キットに
なっていたと思います。

塗装もさっそくやってしまいたいところですが、
予定やらなんやらでなかなか塗装する時間までわ割けそうにないので、
次のキットを組みつつも出来そうな時に塗装したいと思います。




スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)