FC2ブログ

HGUC ジムクゥエル 素組み編 

カテゴリ:ガンプラ HGUC

どもども、こんばんは。SINです。
今日(厳密には昨日)は仕事で、帰ってから届いていた組み立て家具を
組み立てるという重労働な日でした。

身体はヘロヘロですがなぜか目が冴えてしまい、
とりあえずブログ書いてます。

さて、今回はオールジムプロジェクト(自称)、第12弾
ということで、ジムクゥエルを組み立てました。

HGUC ジムクゥエル1

ティターンズ用の量産型MSということで、カラーリングはやはりというか
ティターンズカラーですね(あたりまえだよ!)。

個人的に濃い面々が多いと思うティターンズですが、
やはりジムクゥエルに乗っている一般兵も濃い面々だったりするんでしょうかね。



HGUC ジムクゥエル2

ランナー構成です。

パーツ数はさほど多く感じません。



HGUC ジムクゥエル3

素組みが終わりました。

シールはセンサー部のみ貼り、バイザーの内部はいつも通り
シルバーで予め塗装しています。

組んだ感じとして、色分けはHGとしてはおおむね良好だと思います。
ただ、腰のV字マークはシールとなっていたり、細かい部分は色分けがされていないので、
気になる方は塗装するのが良いと思います。

あと左手用のライフルの持ち手が付属してくるのは嬉しいポイントです。

合わせ目は頭部、前腕部、太もも、ジムライフルが目立つので、
そこも気になる場合は合わせ目消しが必要となります。
また、成型色が全体的に濃いので、ゲート処理は慎重にしないとゲート跡が目立ちそうです。

さて、このジムクゥエル、アマゾンなどの評価を見てみると、
脚が太いという声が多数あります。
実際に組んでみると、確かに太いと感じますが・・・
言われなければそこまで気にならないんじゃないかと思います。

むしろ気になる箇所というか、僕のキットだけ!?っていうのがあるんですが、
シールドを腕に着ける為のジョイントと、ジョイントにシールドを着ける為の
グレーの小さいパーツが緩すぎていました。

もうね、持ち上げた時にシールドがグラグラするレベルです。
逆さまにしようもんなら、間違いなくシールドが落下します。
面倒ですが接着剤で太らせるしかないですね。

今後の課題としてはシールドのグラグラを直す事と、部分塗装、
墨入れとデカール貼りで完成にしようと思います。

それでは~!





スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)